ピペラジン

最新情報

その他情報

他サイト紹介

自己紹介

ピペラジン

要約
寄生虫駆除剤であった「ピペラジン」(CAS No.110-85-0)について
例えば、いろいろな評価本を使っている(EMEAは報告します)食物健康影響評価を実行しました。
評価、やや鋭い薬物動態学(ブタ、雄鶏とホモ・サピエンス)
残りの(ブタ、雄鶏と鶏卵)鋭い毒性(マウスとネズミ)のために現れた試験結果に関しては
そして、慢性の毒性(ネズミと犬)、発癌の(マウス、ネズミとホモ・サピエンス)
再生発生毒性(ネズミとウサギ)と遺伝子毒性試験です。

試験の結果から、ピペラジンのホモ・サピエンスのために亜硝酸で同時暴露によって
発癌の可能性を完全に否定することができませんでした。
しかし、それがそのオール否定と考えられたので、毎日の摂取量寛容性(ADI)をセットすることが
できたと思われました。
それがピペラジン単体の遺伝子毒性試験で生きた体に賛成であることを
ピペラジンは特段問題と遺伝悪意に明らかにしませんでした。
毒性試験では、最も低いNOAELは、犬を使って、13週の間1日の25mg/kgの体重、やや鋭い毒性試験でNOAELです。

ADIをセットする際に、特定の違い10(安全の要因としての個体差10)を適用します。
そして、100を呈することは適当です。
copyright(C)ピペラジン