ピペラジン ホモ・サピエンス

最新情報

その他情報

他サイト紹介

自己紹介

ピペラジン ホモ・サピエンス

このことから、ADIのために、1日の25mg/kgの体重安全100の要因をNOAELに適用します。
0.25のItはそれと考えられますmg/kg体重/日、そして、セッティングが適当であるということ。

ピペラジンが線虫類のために活動をするので、特にAscaris属が動物のための製薬製品の
寄生虫駆除剤としてブタ、置いている卵雄鶏を含む雄鶏、それのために使われます。
日本で、ピペラジン(ピペラジンでクエン酸)を使っている動物のための製薬製品に関しては
寄生虫駆除剤(例えば回虫、馬のための蟯虫、ブタと雄鶏(卵雄鶏を置くこと以外)として
リン酸塩、二硫化炭素とアジピン酸塩は承認されます。
ピペラジンのアジピン酸塩とリン酸塩水和物は、日本の薬局方によって発表されます。
ピペラジンと塩類が、外国の牛、馬、ブタと雄鶏の寄生虫駆除剤として使われて
ホモ・サピエンスの寄生虫駆除剤として使われます。
そのうえ、明確なリストシステム導入による残りの基準値1は、セットされます。

1.薬物動態学(吸収、配布、代謝、排出)試験と残りの試験
ブタ(1つの性ごとに)は口で塩酸2つの14C-ピペラジンを与えられます(体重当り300mg/kg)
154.5mg/kgの重さをしていますAfter)、ピペラジンとして、吸収は迅速でした。
放射能のプラズマCmax(ピペラジン22.75μg/mLとして)は、投薬量の1時間後に受け入れられました。
copyright(C)ピペラジン