ピペラジン 雄鶏

最新情報

その他情報

他サイト紹介

自己紹介

ピペラジン 雄鶏

雄鶏
重さ(重さのピペラジン154.5mg/kgとして)シングル時間に2つの放射性同位元素で識別された
ピペラジン塩酸塩の300mg/kgを与えました。
そして、私は12、24、48と96時間後に彼らの3人によって投薬量を殺して、残ることを調べました。
クロマトグラフィ、各々の組織(TLCによるHPLCと蛍光探知器(一定の量制限)であることに
ついてのラジオは、25のμgを用いたそれを調べました/kgの)ピペラジンです。
組織からの放射能密度は、投薬量の12時間後に、肝臓(14,140μg/kg)で最高でした。

24時間おきに168時間まで薬物動態学試験のために使った置いている卵雄鶏
(彼ら(塩酸2つの放射性同位元素で識別されたピペラジン重さ(154.5mg/kgの重さのピペラジン)
シングル時間としての300mg/kg)の4人を与えます)から、卵を集めました。
そのうえ、残りの試験のために利用した彼らの6人について
投薬量まで卵を24時間おきに96時間集めました。卵を集めた鶏卵からの放射能密度は
eqの平均8,240のμgの最大限に達しました/kg投薬量の48時間後に(ピペラジン7,970μg/kgとして)
そして、2,483のμgに減少します/kg投薬量の96時間後に、ピペラジンです。
鶏卵の中に残っている合計の間の非変化体の比率は、48と96時間後に、投薬量のそれぞれ94と77%でした。
copyright(C)ピペラジン