ピペラジン 鶏

最新情報

その他情報

他サイト紹介

自己紹介

ピペラジン 鶏

主な排出コースは尿で放射能のプラズマ濃度の迅速な低下と一致しました。
そして、ピペラジンと代謝ものはすぐに排出されました。
全放射能の46%は、投与の後24時間以内に尿中から集められました。
尿と糞便の主要構成要素はピペラジン(比率に関しては、
尿のその投薬量24と非変化体は168時間後に各々の82と61%を占めます)の非変化体でした。
しかし、両方の排泄物で確認することができるというわけではなかった代謝品質は認められました。
55.7と15.9%の放射能は、168時間各々投与の後尿と糞便中から集められました。

雄鶏(卵雄鶏)は口で塩酸2つの14C-ピペラジンを与えられます(体重当り300mg/kg)
154.5mg/kgの重さをしていますAfter)
ピペラジンとして、吸収は迅速でした。
放射能のプラズマCmax(ピペラジン26.72μg/mLとして)は、投薬量の1時間後に受け入れられました。
主な排出コースは、排泄物で放射能のプラズマ濃度の迅速な低下と一致しました。
放射能のおよそ85%は168時間投与の後排泄物中から集められました。
しかし、70%は投与の後24時間以内に集められました。
排泄物の主要構成要素がピペラジンの非変化体と24と非変化体が168時間後に占めた
投薬量であった比率は、それぞれ60と50%でした。
copyright(C)ピペラジン